スポンサーリンク

簡単!自動で安心!WordPress おすすめバックアッププラグイン「 UpdraftPlus 」インストール・設定・バックアップ・復元方法

WordPress
スポンサーリンク

 

こんにちは、yojipapa です。

 

前回は、エックスサーバーのワードプレス手動バックアップ方法(サーバー領域データとデータベース)をお伝えしました。

 

簡単!これで安心!エックスサーバーのワードプレス手動バックアップ方法(サーバー領域データとデータベース)
こんにちは、yojipapa です。 前回の記事で、エックスサーバー  にあるファイルの場所を確認する(ファイル管理方法・ダウンロード方法・アップロード方法・削除方法)をお伝えしました。 ...

 

今回は、プラグインを使って簡単にWordPress サイトをバックアップできる絶対安心のバックアッププラグイン、UpdraftPlus(アップドラフトプラス)のインストール・設定・バックアップ・復元方法をお伝えします。

 

エックスサーバーはサーバー側でも手動でバックアップを簡単に実行することができますが、より安心を深めるためには更にプラグインを使ってのバックアップをおススメします。

 

とても簡単操作のワードプレスバックアッププラグインですので導入しておきましょう。

 

プラグインとは

プラグインはワードプレスのセキュリティーを強めたり、より使いやすくカスタマイズするためのシステムです。
プラグインを導入することにより、より快適にワードプレスを楽しむことができます。

 

簡単!自動で安心!WordPress おすすめバックアッププラグイン「 UpdraftPlus 」インストール・設定・バックアップ・復元方法

 

① 「 WordPress(ワードプレス)管理画面 」を表示します。

 

・ 「 プラグイン 」をクリックします。

 

 

② 「 プラグイン 」画面が表示されます。

 

・ 「 新規追加 」をクリックします。

 

 

③ 「 プラグインを追加 」画面が表示されます。

 

・ キーワードに、「 UpdraftPlus 」を入力します。

 

 

・ UpdraftPlus が表示されるので、「 今すぐインストール 」をクリックします。

 

 

・ インストールが完了すると、「 有効化 」の表示に変わるので「 有効化 」をクリックします。

 

 

④ プラグインページに「UpdraftPlus – Backup/Restore」が追加されます。

 

・ 「 設定 」をクリックします。

 

 

⑤ 「UpdraftPlus – Backup/Restore」設定画面が表示されます。

 

・ メニューの「 設定 」をクリックします。

 

 

デフォルト(標準)では、ファイルとデータベースのバックアップスケジュールは「手動」で「2」保持になっています。

「手動」はいつでも実行できるので、「1日」か「1週間」にしておくことをおススメします。

そうすることで、プラグインが自動でバックアップを保存してくれます。
便利ですね。
(^ – ^

 

 

・ 手動はいつでもできるので、わたしは「 1週間 」ごとの「 6 」保持にしています。

* 「 6 」の数字は、バックアップファイルを6つまで保存してくれるということです。
7回目の保存で古いバックアップファイルが削除されます。

 

 

保存先を選択 では、保存量が15GBと大容量で便利な 「 Google Drive 」をおススメします。

 

 

・ 「 Google Drive 」を選択すると、このように青く表示されます。

 

 

バックアップするファイル の設定は、デフォルト(標準)のままで大丈夫です。

 

 

データベース暗号化フレーズ の設定も、デフォルト(標準)のままで大丈夫です。

・ 「 変更を保存 」をクリックします。→ Googleドライブの認証に移ります。

 

 

・ 「 リモートストレージの認証 」画面が表示されるので、枠のリンクをクリックします。

 

 

・ 「 Googleアカウントの選択 」画面が表示されるので使用するアカウントをクリックします。

 

 

・ 「 Google認証 」画面が表示されるので「 許可 」をクリックします。

 

 

・ 「 UpdraftPlusのGoogleドライブ認証画面 」が表示されるので、「 完全なセットアップ 」をクリックします。

 

 

UpdraftPlus – Backup/Restore 画面に、「成功:Google Driveアカウントを認証しました。」と表示されたら連携が完了です。

 

 

先ほど、ファイルとデータベースのバックアップスケジュールで「1週間」と設定していたので、自動でバックアップが開始されました。

データ量が少ないと10秒もしないくらいでバックアップが完了します。
(^ – ^

 

 

ちなみに、GoogleDrive と連携すると Gmail に、このようなメールが届いています。

 

 

 

続いては、UpdraftPlusプラグインの手動バックアップ方法をお伝えします。

 

UpdraftPlusプラグイン 手動バックアップ方法

 

・「 Backup/Restore 」画面を開き、「 今すぐバックアップ 」をクリックします。

 

 

・ 「 バックアップファイルの選択画面 」が表示されますので、上の3つに を入れて、「 今すぐバックアップ 」をクリックします。

 

 

バックアップが始まります。

 

 

「 バックアップの実行が完了しました 」と表示が出たら完了です。

 

 

 

このように新しいバックアップファイルが上に表示されます。

とても簡単でしたね。
(^ – ^

 

ちなみに、GoogleDrive にアクセスすると、

 

 

このように、「 UpdraftPlus 」フォルダの中に、1つのバックアップで5つのファイルが保存されています。

 

続いては、UpdraftPlusプラグインのバックアップ復元方法をお伝えします。

 

UpdraftPlusプラグインのバックアップ復元方法

 

・「 Backup/Restore 」画面を開き、バックアップ済みの中から復元したいファイルの「 復元 」をクリックします。

 

 

・ 「 復元データの選択画面 」が表示されますので、全てに を入れて、「 次へ 」をクリックします。

 

 

・ このような表示になりましたら、「 復元 」をクリックします。

 

 

・ 「 Restore successful! 」と表示が出たら、復元の完了です。

枠のリンクをクリックすると、「 Backup/Restore 」画面に戻ります。

 

 

「 Backup/Restore 」画面に戻ると古いディレクトリの削除を促す窓が表示されています。

・ いらないデータはサーバーの負担になるので、「 古いディレクトリを削除 」をクリックします。

 

 

・ 「 古いディレクトリを正常に削除しました。 」と表示されたら削除成功です。

枠のリンクをクリックすると、「 Backup/Restore 」画面に戻ります。

 

 

 

いかがだったでしょう。

 

定期的に自動でバックアップは何より安心だと思います。

 

もしもの時のために必要な作業ですので、特にファイルの編集時・テーマの更新・プラグインの更新前には必ずバックアップの実行をおススメします。

 

以上、WordPress バックアッププラグイン「 UpdraftPlus 」インストール・設定・バックアップ・復元方法 でした。

 

お疲れさまでした。
(^ – ^

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました